■助 成 金

ご相談は、無料です。

下記は、1例ですので、お問い合わせください。(金額は中小企業の額です)


1、キャリアアップ助成金

 有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者などのいわゆる非正規雇用労働者に、正規雇用の

 転換、人材育成、処遇改善などの取り組みを実施した事業主に対して助成する制度です。


 正規雇用等転換コース

  @有期→正規:1人あたり40万円

  A有期→無期:1人あたり20万円

  B無期→正規:1人あたり20万円


 人材育成コース

  有期契約労働者等に一般職業訓練(Off-JT)または有期実習型訓練(「ジョブカード」を

  活用したOff-JTとOJTを組み合わせた3〜6ヶ月の職業訓練)を行った場合に助成

   Off-JT(1人あたり)

    賃金助成:1h800円

    経費助成:上限20万円

   OJT (1人あたり)

    実施助成:1h700円


  ***この他に健康管理コース、短時間正社員コース等があります。


2、キャリア形成促進助成金

 正規雇用労働者に、職業訓練等(20時間以上)を受講させた場合に助成


 政策課題対応型訓練

  @若年人材育成コース

   採用後5年以内かつ35歳未満の若年労働者への訓練

  A成長分野等人材育成コース

   健康・環境等の重点分野での人材育成のための訓練

  Bグローバル人材育成コース

   海外関連業務に対する人材育成のための訓練

  C熟練技能育成・承継コース

   熟練技能者の指導力強化または技能継承のための訓練

  D認定実習併用職業訓練コース

   厚生労働大臣の認定を受けたOJT付き訓練

  E自発的職業能力開発コース

   労働者の自発的な能力開発に対する支援


  ***D以外はOff-JTに限る


   Off-JT(1人あたり)

    賃金助成:1h800円

    経費助成:助成率1/2(実施時間により5万円〜20万円の上限)

   OJT(上記Dのみ 、1人あたり)

    実施助成:1h600円


 一般型訓練(政策課題対応型以外)

   Off-JT(1人あたり)

    賃金助成:1h400円

    経費助成:助成率1/3(実施時間により5万円〜20万円の上限)


3、特定就職困難者雇用開発助成金

 高年齢者、障害者、母子家庭の母など就職が困難な人をハローワーク等の

 紹介により継続して雇用する労働者として雇い入れる事業主に支給される。

 支給額は、雇い入れる労働者が、短時間労働者以外の者か短時間労働者かで支給額は異なる


  例)

   ・高年齢者,母子家庭の母等→ 30時間/週以上の勤務 ⇒ 90万円

            20時間以上〜30時間/週未満の勤務 ⇒ 60万円

   ・障害者           →30時間/週以上の勤務 ⇒ 135万円

            20時間以上〜30時間/週未満の勤務 ⇒ 90万円